ネットトラブル解決は相談する勇気を持つこと

ネットトラブル解決は相談する勇気を持つこと

 

子供達が架空請求被害に遭うケースとしては

届いた迷惑メールのタイトルに誘惑されてクリックしてしまうようです。

 

この場合コンテンツがアダルトサイトであることも少なくありません。

アダルトサイトのタイトルに興味を持ってクリックしてしまったことを

親に言いたくない気持ちが先行して相談をしないケースがあるようです。

 

 

フィッシング詐欺でも

元々禁止されているネットショッピングをしてしまった為に

被害にあった場合などでは、「叱られる」ことに恐怖を感じ

親に相談せずに被害が拡大してしまったりすることがあります。

 

 

やってしまったことは仕方がありません。

ネット被害は放置をしておくと被害が拡大するケースが多々あります。

ネットいじめも時間が経過すれば経過するほどことの収拾が大変になることでしょう。

悲しいことに自ら命を絶ってしまった中学生の遺書に

「親に心配を掛けたくなかった」とあったそうです。

この新聞記事を読んだ時には言葉を失いました。  

 

 

自ら命を絶とうと考えている人には冷静な判断をすることは無理です。

その時点ではつじつまの合わない話ばかり出て来ます。

普通に物事が考えられないほど追い込まれているようです。

人は自分を攻めだすと周りは全く見えなくなるようです。

自分で自分を攻めてしまう前に誰かに相談しなければいけないのです。

 

大人になってからも何度も壁にぶつかるでしょう。

本当に自分が困った時、自分では解決できないと思った時、

素直に相談する行動をしなければなりません。

 

人に相談することは決して恥ずかしいことではありません。

選択として正しいことであること。

過ぎ去ったことの過ちは責められることはない。

両手を挙げて助けを求めることが必要な場面があると

子供に十分理解してもらわなければなりません。


情報モラル ポータルサイト開設