ウイルス対策ソフトの必要性

ウイルス対策ソフトの必要性

 

パソコンを利用する際は、ウイルス対策ソフトを必ず導入して下さい。
ウイルス対策ソフトを導入されていない方の意見で

「うちはあまりインターネットをやらないから必要ない」

と言われますがこの考えをお持ちの方は即座に改めて下さい。
利用頻度の問題ではありません。

 

コンピューターウイルスは自分だけではなく他人に迷惑を掛けてしまします。
ウイルスの種類によっては感染したパソコン内のメールソフトにあるアドレスに自動的にウイルスを送り付けることもあります。
周りの方の迷惑になりますから必ずウイルス対策ソフトを導入して下さい。


一時期ニュースを騒がせたファイル交換ソフト(ウイニー等)である暴露ウイルスによるデータ漏洩事件も
個人的な写真がインターネット上にばらまかれてしまったのも
ウイルス対策ソフトが導入されていればほとんどの場合は大事に至ることはありませんでした。

 

ウイルス対策ソフトはパソコンを購入した時点でお試し版が最初から付いていることが多いですが期限が切れたら必ず更新をして下さい。なぜならウイルスは毎日新たに10から20個誕生しているようです。
ウイルス対策ソフトを開発しているメーカーさんは新しいウイルスを発見しておおよそ1時間以内にワクチンを完成さえ配布しています。

ウイルス対策ソフトはインターネットを通じメーカーのサーバーにアクセスをして新しいワクチンを入手できる仕組みになっています。ですからウイルス対策ソフトの契約更新をしていないと新しいワクチンを入手することが出来ませんので必ず契約更新をして下さい。

 




情報モラル ポータルサイト開設