インターネット社会の基礎知識を学ぶ

インターネット社会の基礎知識を学ぶ

 

現在の携帯電話は、既にご存知のようにメールやWebサイト閲覧などインターネットへの接続を常に行うツールとなっています。
そのため、例え子供であれ、一人のネット利用者としてネットマナーと呼ばれるインターネット社会でのマナーをはじめ、関連した法律等の基礎的な知識やネット社会特有の社会モラルを持っている必要があります。

 

マナーや社会モラルといっても、ネット社会と現実社会では幾分ニュアンスの違った部分があるのでその違いを十分理解する必要があります。危険を回避するために禁止すべき事項においても、なぜやってはいけないのかという理由まで理解させないと、自ら応用し判断することができません。


「危ないって言ったって、きっと自分は大丈夫」といった安易な発想で悪質な誘惑に負けてしまうような事態は避けなければいけません。



例えば、友達作りを目的とし、自己紹介(プロフィール)を書き込むプロフサイトに、自分の写真を載せている子供が多く見られます。
と同時に、自分の友達の写真も載せてしまっている場合があります。現実社会では、自分の友達の写真を別の知人に見せてもさほど大きな問題にならないでしょうが、インターネット上に上げた瞬間に不特定多数の人の目に触れることになります。
個人情報の漏洩にとどまらず、悪意ある二次利用をされる危険性もあります。


 

 ただ単に「危ないことがあるから」「怖い人がたくさんいる」と言ったところで子供は「楽しいから使いたい」「そんなの大丈夫。みんな使っているから私だって・・・」と取り合わないでしょう。

また、保護者の方で「そうかもしれないけれど、私はインターネットのことは分からないから・・・・・」と言われる方がみえます。
「無料だから大丈夫」「友達とメールしかしてないから大丈夫」といった考えは改めなければなりません。


全ての仕組みを詳しく知る必要はありません。
確かに、携帯電話を実際に使ってみなければ理解しにくいケースもいくつかありますが、新聞やテレビニュースで取り上げられる実際に起きたネットトラブルや事件、地域や国で取り組まれている子ども達のネット安全利用対策などをテーマに、子供が理解しやすいように問いかけたり、子供の意見を聞いてみたりして下さい。

 

そうしたネット社会での注意点を『子供は知らない!親が教える情報モラル13のポイント』としてまとめました。
是非これらのポイントを、携帯電話を持つ前に、そして持ってからも親子で度々振り返っていただきたいと思います。
親が常に子供のネット利用に関心を持ち続け、親が子と共に学び、その姿を見せることで、子供は自覚し自らを守る意思を持つことにつながるのです。

 


情報モラル ポータルサイト開設