本当のこと言っていいの?

本当のこと言っていいの?

 

子ども達は「嘘をついてはいけません」「正直に言いなさい」と、常に教わっています。
作文を書くときにはいつも本当のことを書いています。小学生の作文を読むとその「本当のこと」に笑いがこみ上げてしまうこともあります。
そうしてすくすく育っている子ども達がインターネットの掲示板を利用した時、作文や日記を書く感覚で書き込みをしても大丈夫なのでしょうか?

 

掲 示板には様々なコミュニティーがあります。野球チーム別のコミュニティーもあります。同志のファンで盛り上がっているサイトに違うチームのファンが訪れる こともあります。それまでは楽しく盛り上がっていたサイトも、違うチームのファンが見ると悪口の言い合いととらえてしまう可能性もあります。




また、ある男の子の写真を見たとして、その子について思うことは人それぞれでしょう。
「格好いい」と思う人もいれば、「だらしない」と思う人もいるでしょうし「かわいい」と思う人もいるでしょう。

本人が自分のことを「格好いい」と思っているのに「かわいい」と言われれば不快に思うこともあるでしょう。本人からすれば誹謗中傷と受け止めるかもしれませんが、「かわいい」と思った人は正直に自分の感想を言っただけに過ぎません。



そしてまた、Tシャツを前後反対に着ている子を見つけて、教えて上げるのは親切なことです。
しかし場面によっては教えて上げることで恥じをかかせてしまうケースもあります。
素直に、思ったことをどんな場面でも言って良いというものではありません。
しかし子ども達は常々「正直に言いなさい」「素直でいなさい」と言い続けられています。
場面によってそれらを使い分ける判断力に乏しいのは仕方がない部分もあります。


その判断力が乏しいままインターネットを利用した時に「人の心を傷つけた」と叩かれてしまうことがあるのです。

 
上下関係や、平等に関する考え方を大人社会と子供社会を分比べてみると大きな違いがあることに気づきます。大人の世界には「嘘も方便」と言った便利なことばがあり、これを「気づかい」と美化しているとも言えます。しかしこれが悪いことかと言えば、時と場合によっては必要であり正しいとも言えます。


子供社会での平等は全てに対して均等量に分け与えることを平等としています。しかし大人社会では均等量に分け与えないことを平等とする場面は多く存在します。
給料も仕事に応じて支給されるわけです。会社の利益を均等量に人数で分け与えるのではありません。サービス業においても、お得意様と飛び込み客とサービス内容が違ってこそ平等と考えることも出来ます。これが大人社会であります。


インターネット社会はある意味大人社会であり、子供が判断する行動には反感を受けることは多々あるでしょう。それが"子供は知らない!親が教える13のポイント"でも提唱しています『次の展開を考える力』であります。これらの感性は成長と共に身につけて行くことであり、幼い内から教えることには疑問を感じます。しかし、子どもたちにも段階を踏んで伝えて行かなければならないことでもあります。



これらを子供の内に理解させるには
「本当のことを言わなければいけないが言って良い場面」と
「後で教えてあげた方が親切な場面がある」ことをイメージしやすく伝えることが大切です。



次の展開を考える力があれば暴力的な言葉や、誹謗中傷がどうしていけない行為なのか。またどんことが誹謗中傷にあたるのか。理解を示すようになり言葉使いを個々に禁止するよりも大きな効果が期待出来ます。

子供が理解し、利用するには、難易度の高い判断力が必要とされるインターネットの世界。
ネット社会に子供が入るようになる前は、成長と共に様々な場面を実際に経験し、その都度学習をしていけば良かったのですが、現代ではこれらの判断力を駆け足で教えて行かなければならない時代になったと言えます。





情報モラル ポータルサイト開設