子供をネット社会に送り出す前に親が学ぶこと

子供をネット社会に送り出す前に親が学ぶこと

 

インターネットにはたくさんの情報があり、それを上手く使えるようになれば生活をする上でとても便利です。しかし氾濫する情報の中には必ずしも正しい情報、適切な情報とはいえないものもあります。

ニュースで報じられる子ども達が関わるネット犯罪を見ると、子供にインターネットを使わせることに疑問すら感じてしまいます。では使わせなければ安心なのかといえばそうではありません。

 

現代では生活に直結することもインターネットを通じ供給されます。
各メーカーのサービスをはじめ役所への手続きや受験申込などもインターネットに対応しています。
なぜならコスト面とスピード面等を考えればインターネットを取り入れることがごく当然の流れなのです。
大学によっては講義の宿題をセキュリティーのかかったインターネット掲示板に書き込むことも当たり前に行われています。このような時代の流れの中では子供に使わせないといった選択肢にはすでに無理があるように思えます。


そしてなによりもインターネットは「世界へ繋がる」という素晴らしい可能性を持ったツールなのです。

 

インターネットの光の部分である利便性、可能性を知り認めること。


そしてインターネットの影の部分を見過ごさないこと。両面に目を配りそれぞれの重要性を知った上で子供にインターネット環境を与えるようにして下さい。

そして、インターネットの向こう側には自分と同じ人間である相手がいるということを大人も子供も忘れてはいけないのです。


情報モラル ポータルサイト開設