子供のネット社会を知りたい

子供のネット社会を知りたい

 

子供のネット社会を知るにはどうすれば良いでしょうか。

 

インターネットの世界は日々進化しています。新たな製品、新たな機能が発表されれば半年もしない内にそれらが起因した社会現象が起きることはよくあることです。
刻々と変化するインターネットの世界に子ども達が踊らされてしまうこともしばしばあります。
となれば、常に大人もその変化にある程度は目を向けている必要があります。



製品やシステムを知ると同時に、そのシステム等を今の子ども達がどんな風に活用しているのか。そしてその活用方法に問題はないのかを知らなければなりません。

 

それらを比較的簡単に知る方法は、ニュースに目を通すことです。インターネットでIT関連やネットに絡んだ青少年犯罪ニュースをチェックすると、子供を取り囲んでいるネット社会の動向をうかがい知ることができます。
そんなニュースを見たところで知らない用語ばかりで意味など理解できない、と言われる方も多いかと思いますが、それはそれとしてまずは目を通すことが大切です。


頭の隅に関連する用語、"キーワード"があれば、テレビや雑誌で同様の記事を見た時に目がいくようになります。人間は、知らないキーワードには反応しませんが知っているキーワードには反応するのです。




例えば、テレビを見たりラジオを聞いていて、自分の住んでいる街の名前が流れた時、他のことをしていても手が止まることがありませんか?

これが、知っているキーワードに反応した状況です。知っているキーワードが頭に入った時にその内容を詳しく知ろうとする意識が働きます。
時間のある時にIT関連ニュースをインターネットでチェックをするだけで自然とインターネット社会の知識が広がるようになります。

つまり、今の子ども達が示している興味関心を、大人である自分自身も持ち続けることが、彼らのネット社会を知る近道なのです。 

 

また、出来ることならば分からない用語と出会った時に、そのままその用語をインターネットで調べてみて下さい。
やり方は簡単です。知りたい用語をコピーして検索窓に貼り付けて検索するだけです。

もしそれでもよく分からない時には用語のすぐ後ろに"とは"とつけて検索してみて下さい。

"インターネットとは"といった具合です。

そうすると、その用語の意味が多くのサイトにより解説されており、それらを読むことにより具体的に知ることができます。


こんな習慣があなたの知識を広げてくれます。





ネットに絡んだ青少年犯罪ニュースやトラブルを多数見てみると、共通事項があることに気づきます。
これらは、子ども達がネット犯罪やネットトラブルの加害者や被害者となる主な原因といえます。
私達はこの共通事項を子供は知らない!親が教える情報モラル13のポイントとしてまとめました。参考にしてみて下さい。



青少年犯罪や子供のネットトラブル関連のニュースは決して縁遠いものではなく、身近に起き得る話題です。
その中には、ネットトラブルを予防するためのヒントが隠されています。
ぜひ、子供と一緒に、日頃からネット関連のニュースを話題に取り入れ、興味関心や情報を共有することをお薦めします。





情報モラル ポータルサイト開設