親が学ぶこと

子供が携帯電話を持ちたいと言い出したら

 

子供が携帯電話を欲しがるようになったということは、持たせて欲しいがために、"自ら関心を持って親の話しを聞く""親と携帯電話の話をする"という状況が生まれたことになります。

この時点から、子供と一緒に携帯電話に関する「家庭ルール」を一緒に考えてみて下さい。子供が「何に使いたいのか」という希望を良く聞いた上で、メール、ゲーム、音楽ダウンロードなどを利用した場合それぞれどんなリスクがあるのか、安全で快適に利用するためには知っていなければいけないことを説明してあげて下さい。

現実を避けては通れません。法律を知らないが為に違法行為を犯してしまった場合その子の人生に大きな影響を与えることになります。履歴書の賞罰の欄に記入しなければいけなくなるのです。まずは、我が子を加害者にしないために、保護者の方が法的な事柄を含めた情報モラルを勉強することから始めてください。

 

例えば、子供がペットを飼いたいと言い出した時に「自分でその動物の世話をする」という口約束だけで飼い始めても問題は起きないのでしょうか?今まで飼ったことの無いペットを飼うのなら、その動物の生態を全く知らずに世話をすることは不可能だと思いませんか?とりあえず、ペットショップで売っている餌を与えていれば一時は大丈夫かも知れません。けれど、どんな栄養素を十分与えるべきか、どんな環境を好むのか、運動をどの程度させるべきなのか等を知らなければペットが病気になったり、寿命が短くなってしまったりします。それは、飼い主としての役目を全うしているとは言いがたい行為です。


経験の無いことを始める場合は、それについて事前学習することはとても大切なことであり、学習しないで始めることは危険を伴い、怖いことなのです。事前学習によって、自分はもちろん、自分を取り巻く周囲もが、快適な状況を得られることにつながります。

 

大切なことは家庭ルールがなぜ必要なのかを十分に理解させることです。その家庭ルールが携帯電話を楽しく利用するのにどれだけ大切なことなのか、またそのルールが、ネットトラブルを避け、安心して携帯電話が使える根底であることを、ニュースなどの事例から時間をかけて子供へ問い掛けてください。

 

子供が携帯電話を持ちたいと言い出したら、いつから所持するのか目標を決め、その間(半年でも1年でも構いません)に子供と話し合いをして家族ルールを決め、十分理解し納得をしたら持たさせるようにしましょう。

 

子供に携帯電話は本当に必要なのか

 

子供に携帯電話を持たせるかどうかの判断は保護者が決めることです。
子供にいつ携帯電話を持たせるかは慎重に決める必要があります。
そして、携帯電話を持たせる前に子供がどこまで理解し知識を持って所持するかがネットトラブル発生に大きく影響します。

子供に携帯電話を持たせることによって良い面と悪い面が必ず発生します。
どちらの影響が大きいかは議論が分かれますが携帯電話を持つ前に事前学習をすることによって悪い面が軽減する可能性は確かでしょう。そして、携帯電話を持つ目的を親子で明確に確認することも悪影響を妨げる効果は高まります。

子供に携帯電話を持たせるかどうか判断する際に考えなければいけないことは「持たせることによって生じる不安(疑問)と子供に持たせる必要性」を保護者が十分考えそれを書き出して下さい
その書き出した不安(疑問)をどうすれば解決できるのか、又必要性は他の方法で代用できないのか情報収集をすると答えが見え出して来ます。それによって持たせる適正年齢を判断すれば子供の安全性は高まります。

 

子供に携帯電話を持たせるタイミングとして安易に判断してはならないことは「高校生になったから」「みんなが持っているから」「子供が欲しいと言ってきかないから」このような理由から子供に携帯電話を持たせると間違いを起こす危険性は高まります。なぜなら携帯電話を利用するには特有の知識と判断力が必要だからです。
高校生になればある程度は物事の善悪の分別、判断力はあるかも知れません。しかし携帯電話を使うには、利用に応じて生じる事項に対処する法律知識がなければ間違いを起こします。現実に報道されているネット犯罪は違法行為を犯したことが原因なのです。これらの法律知識は通常の義務教育課程では学習することはありません。

知らないままに携帯電話を利用すれば犯罪を犯しても何ら不思議はないのです。

では小学生は判断力が未熟だから持たせてはいけないのかといえば、必ずしもいけないことはありません。
但し、目的と必要性を十分検討した上で機能限定とするなど危険度をなるべく低くなるような環境を整え、十分な教育とルールを理解させ段階的に体験学習を繰り返し利用範囲を広げるなどの工夫をすることは必要です。

 

子供に携帯電話を持たせる判断をするには携帯電話に関する現状や仕組みなどの知識を保護者が十分に理解することから始めなければなりません。

「私達の時代は持たなくても過ごせた」「私はその分野は解らない」などと否定的であっては問題が発生した時に対応もできませんし、日頃子供が利用している状況管理も出来ませんので子供の携帯電話トラブルの可能性は高まるばかりです。

時代の変化に伴い携帯電話も必要なツールとして認めざるを得ない状況であることは保護者の方も理解を示して頂きたいと思います。現状として多くの高校生が部活の連絡手段として携帯電話を利用している事実があります。

それが良いか悪いかは別として高校生は95%以上の携帯電話所有率ですから自然な流れともいえます。その現状を踏まえれば遅くとも義務教育終了までには携帯電話を利用する際の注意事項や危険度、ルール(法律を含む)、マナー、そして実社会でも同様ですが、相手を気づかう心を培っておかなければなりません。

ネット犯罪に類するトラブルは違法行為を直接的に犯したケースばかりではなく、結果的に違法行為になってしまったケースも少なくありません。その違法行為に至ってしまった原因の背景には相手を気づかうことが出来ずにエスカレートしてしまったという場合もあります。相手を気づかう心は短期的に身に付くものではなく幼少時から時間を掛けてゆっくりと教えなければなりません。親子の信頼関係の上に子供が理解してくれることもたくさんあります。日々の暮らしの中で幼い頃から絵本の読み聞かせなどを通して親子で触れ合い、心の交流を深め、成長と共にネットトラブル等のニュースをテーマにお互いに話し合う機会を設けることも、ネットを介した人との繋がりを理解していくには大切なことなのです。

 

子供が携帯電話を持つことに関する保護者の方の意見をお聞きしますと、その中には大きく3つの意見に別れます。「賛成派」「反対派」「わからない派」です。

賛成派の意見としては「GPS機能などにより安心が確保できる」が圧倒的に多く目に付きます。持たせることによって安心感は得られるものの、同時に別の不安が発生するとも感じてみえるようです。


これに対し反対派の意見はシステムに頼る以前に教育することが重要だといわれます。子供である今、身に付けなければならないことがある。その一つには、「親に行き先や帰宅時間の報告をする習慣を身に付けること」。これは携帯電話で常に連絡が取れるために、学ぶ機会を失いがちになってしまいます。
また、「本来調べ物は図書館で図鑑、辞典等の様々な資料を見比べ行うこと」。インターネットは簡単、便利ではありますが正しくない情報、不適切な情報も混在しています。
そしてまた、時間的、場所的な便利さと引き換えに、調べる工程にあった「人との関わり」「他分野の本、資料との出会い」「時間、場所への配慮」等々、学べるはずであったものを得られなくしていることも事実なのです。携帯電話、インターネットに依存しない力を携帯電話を持つ前に育てておきたいとの考えです。


わからない派の意見としては不安や疑問と周りの影響から判断しきれない様子です。子供に携帯電話を持たせるには何を教えて良いのか、そしてその方法がわからないことが判断を迷わせる要因であるのではないでしょうか。

 

携帯電話が本当に必要かどうかは家庭環境によって様々ですので、どちらが正しいといった答えはないと思います。与え方を間違えるとおもちゃ化していまいます。
それは「我が子には必要だ」といえるのでしょうか。ある小学校3年生の女の子が学校から帰ってくると仕事中のお母さんに「ただいま」とメールをするそうです。そして「これ食べていいの?」とおやつを確認するメールが届く。そんな彼女の気持ちを考えると小学生が必ずしも携帯電話を持つことがいけないとも言い難い気持ちにもなります。

プリペイド式の携帯電話など機能を制限したものや親の携帯電話、パソコンメールから少しずつ体験的に練習をすることも教え方の1つとして選択してみるのもいいでしょう。

何の為に何をしたいのか子供の使用目的を明確にして本当に携帯電話が必要なのかどうか親子で話し合ってみて下さい。

フィルタリングの必要性を子供に理解させましょう

 

私達は、グーグルやヤフーなどの検索エンジンを利用して、インターネット上の膨大な情報の中から自分の欲しい情報を探し出すことができます。

通常、情報を探す方法としてはキーワード検索が主流であります。このキーワード検索はとても便利ではありますが時としてやっかいなこともあります。人の名前に同姓同名がいるように、情報にはキーワードが同じでも全く異質な情報がヒットすることが多々あります。


それは言葉の持つ意味が複数ある場合や、有名な言葉を店名にしたり流行語をキャッチフレーズに用いたりといったように、様々な要因により意図しないものがヒットしてしまうのです。子供がそうしたことを測せずに検索結果をクリックした場合、彼らにとって有害な情報であることもしばしばあります。



また、リンクやバナー広告もついついクリックしてしまいたくなるようなキャッチフレーズが書かれています。自分が求めていた情報が載っているサイトに貼られているリンク先やバナーは、広い意味では属性に当てはまるものの、リンクをたどる内にしだいに属性がずれてしまうことがあります。


キャッチフレーズにつられてショッピングサイトに行ってしまうこともあれば、出会い系に誘導されてしまうこともあるでしょう。属性がどんどんずれて行くと詐欺を目的としたサイトであったり、予想だにしないような情報サイトであったりします。

インターネットを利用する際、目的がしっかりしていればキャッチフレーズに流される可能性も少ないでしょうが、暇つぶしに閲覧をしているような場合、子供は無意識のうちに事件やトラブルに巻き込まれてしまうことがあるのです。

 

そうした危険から子供を守るのがフィルタリングの役目です。

検索をする上では、フィルタリングが掛かっていると求めている情報にたどり着けないこともあります。そういった意味では不便さを感じるでしょうが、利便性が高いけれども危険性も高い状況か、不便さはあるけれど安全性を取るか、どちらに重きを置くのか子供自身に問い掛けながら子供が納得して自らフィルタリングを取り入れる気持ちになれるように親子で話し合いをして下さい。


例えば、ヤフーが提供している子供向けの無料フィルタリングサービスであるYahoo!あんしんねっとを利用すると、ポルノ、出会い系、暴力、自殺など、子供に不適切と思われるサイトをブロック。それ以外にも、掲示板やショッピングなどのジャンルを保護者の判断でブロックしたり、見せたくないサイトを個別にブロックしたり、反対に解除することもできます。フィルタリングによって好きなゲームが出来なくなってしまうこともこういったサービスによって回避することが可能なケースもあるでしょう。


Yahoo以外にも各社がフィルタリングサービスを提供しています。それぞれの機能を理解し、子供と充分に話し合いながら活用することをおすすめします。

家族ルールは充分な話し合いの必要性

 

家族ルールを作る上での注意点として、最初の家族ルール作りに不備があると子供の力を伸ばす妨げになってしまうケースがあります。

例えば、授業で秩序を乱すような言動を取った子供に、学校の先生は禁止命令を出すことがあります。実習的な授業をする場合は、ある程度の禁止事項や注意事項を説明して授業が始まります。

授業が進んで行くと、先生が予想もしなかった行動を子供が起こした時に、ルール違反として当然のように子供を叱ります。しかし、そのルール違反にうつる行動は最初のルールに定められていたのでしょうか?

『常識の範囲だから言わなくても分かるはずだ。』といった先生の判断に子供が反感を示す場合があります。

 

冷静に判断しなければいけないことは、一見秩序を乱しているように思える言動がその子の賢さであったりするケースです。

 

「秩序を乱したからと言ってその子供だけが悪いのでしょうか?」

「大人が最初に提示するルールには問題はなかったのでしょうか?」

 


分かりやすい例として山手線ゲームを想定してみます。「身体の部位の名前」というテーマにそって順番に部位の名前を言っていきます。「耳」「頭」「指」「手の指」・・・・

ここで、ストップが掛かります。「指」は部位でありますが、指は手足にあり、最初に「手の指」と言わなかった者がいけないのか。それとも、「指」をヒントに「手の指」と言ったことが『ずるい』と受け止めるのか。

最初に言った者が相手を負けに追い込もうとした場合は、「手足の指を示して言った」と主張する事ができます。後に言った者は「どの指と指定はなかった」と主張できます。これらはこの時点で協議することでなく、ルールの説明がされていなかった曖昧さが問題発生の原因となります。


次に「しっぽ」と言った答えに対して、それは動物の身体だからルール違反と言う意見が出る事もあるでしょう。しかし、最初のルール説明で『人間の身体の部位』と決めていなかった事に問題があるのです。「しっぽ」をルール違反と指摘した者は『人間』と思い込んでいるだけです。ここで「しっぽ」と答えた者は他者より発想が豊かであった訳です

枠を超えた発想ができたのです。つまり発想の豊かさ(賢さ)です。もし、ここで『人間の身体に限る』と判断を下して、「しっぽ」と答えた者を負けと判断を下した場合、枠を超えた発想を押さえてしまう事になりかねないと思われます。色々な発想が巡ってもルール違反と判定されることが恐くて自分の意見が言えなくなってしまいます。

もし、そのような思いを子供にさせたら伸びる子供も伸びなくなってしまいます


「ずる賢い」と「賢い」。この判断基準はその時の状況によって変わってしまうので、慎重に判断し指導をしなければいけません。学習の場においてはこのような発想は伸びるようにしたいものです。『人間の身体に限る』と判定をして、しっぽと答えた者を負けと判断する行為は大人の遅出しジャンケンなのです。

 

このように、大人が知らないうちに自分でルール違反をしていないか注意をしなければなりません。気をつけたいのは、ルールを細かく決めておくことが重要なのではなく、充分な話し合いを重ねて自分勝手な思い込みを防ぐことが大切なのです。

 

思い込みをして確認をしないが為に発生したインターネットトラブルは、たくさんあります。ネット社会に出て単純な確認ミスで失敗をしないように、子供のうちから思い込みで行動をさせない習慣を身に付けさせたいものです。

家族ルールを親子で話し合いましょう

 

家族ルールを作る、と言っても、どのようにして作ったらいいのでしょうか。

作る以上は守って欲しい。そのためには、親が何を心配しているのか、なぜそのルールを作るのか、そのルールを守ることで子供が得るものは何か、また守らないことで子ども自身に降りかかるリスク等々を親子での話し合いの上、充分に理解させることが大切です。

 

子供を守るために、大人である親は何をしたらいいのか、しなければいけないのか。

実際に、情報モラルを子供にどのようにしたら伝えられるのかを考えていくと、まずは親が正しい情報モラルを身につけ実行することが肝心です。

具体的な家族ルールの一例にあるような「寝るときはリビングに置いて充電」といったルールを作る場合でも、親を含めた家族全員が充電器を並べて同じルールを守ることで、より納得してルールを守るようになります。

親の姿を見せること、日々の話し合いの中で子供に伝わっていくものが子ども達の行動に反映されます。

なぜ家庭ルールを作るのか

 

ネット社会では、子供といえども大人同様、一人の人間としての行動が求められます。
けれど、まだ未成熟な彼らには、知識を持った大人によって方向付けをしてやり、適切な情報モラルを身に付けられるよう指導していく必要があります。

 

最も心配されることは、我が子がネットトラブルに誰かを巻き込む人間になること。

また、我が子が巻き込まれてしまうこと。そうならないために、自ら考えることの出来る子供に育てたい。応用の効く子供に育てたい。広い視野で判断出来る子供に育てたい。そんな思いをどうしたら良いのでしょうか。

 

ある一定の家庭ルールに基づいて見守ることが、柵(家庭ルール)の中で自由に育てる事とするならば、広さと柵の高さをどの基準で決めるのか悩むところであります。何の為の柵なのかを考えると、外部から(ネットトラブルから)守るための柵である事になります。

柵の中から逃げないと言う観点で高さを決めるより外部から守ると言う観点で高さを考える必要があり、成長とともに広さを与え、大きく成長した時は、柵を越えて漕ぎ出すことを拒んではならないのではないかと思います。
柵の高さと面積のバランスを子供の成長に応じて柔軟に図ることで、親の求める「応用が効き、広い視野で判断出来る」子育てへと繋がるでしょう。

 

現実には、家族ルールを成長に応じて決めてみても、それがそのまま通じるとばかりは言えない現状があることも事実です。ですが、「話し合って決めたルールを破ってしまう」というためらいが生まれ、黙ってルールを破ることになれば自責の念を持つでしょう。

「こんな状況だけれど」と親に相談しに来て状態に応じた最善策を話し合うことができれば、親は子供のネット利用状況を知るとともに友人関係、心理状態も知ることができます。そうした親子のつながりが、トラブルに直面したときの心の強さ、心のブレーキとなれば、その効果は充分発揮しているとも言えるのです。

インターネット社会の基礎知識を学ぶ

 


現在の携帯電話は、既にご存知のようにメールやWebサイト閲覧などインターネットへの接続を常に行うツールとなっています。そのため、例え子供であれ、一人のネット利用者としてネットマナーと呼ばれるインターネット社会でのマナーをはじめ、関連した法律等の基礎的な知識やネット社会特有の社会モラルを持っている必要があります。

 

マナーや社会モラルといっても、ネット社会と現実社会では幾分ニュアンスの違った部分があるのでその違いを十分理解する必要があります。危険を回避するために禁止すべき事項においても、なぜやってはいけないのかという理由まで理解させないと、自ら応用し判断することができません。

「危ないって言ったって、きっと自分は大丈夫」といった安易な発想で悪質な誘惑に負けてしまうような事態は避けなければいけません。


例えば、友達作りを目的とし、自己紹介(プロフィール)を書き込むプロフサイトに、自分の写真を載せている子供が多く見られます。と同時に、自分の友達の写真も載せてしまっている場合があります。
現実社会では、自分の友達の写真を別の知人に見せてもさほど大きな問題にならないでしょうが、インターネット上に上げた瞬間に不特定多数の人の目に触れることになります。個人情報の漏洩にとどまらず、悪意ある二次利用をされる危険性もあります。

 

ただ単に「危ないことがあるから」「怖い人がたくさんいる」と言ったところで子供は「楽しいから使いたい」「そんなの大丈夫。みんな使っているから私だって・・・」と取り合わないでしょう。

また、保護者の方で「そうかもしれないけれど、私はインターネットのことは分からないから・・・・・」と言われる方がみえます。「無料だから大丈夫」「友達とメールしかしてないから大丈夫」といった考えは改めなければなりません。

全ての仕組みを詳しく知る必要はありません。確かに、携帯電話を実際に使ってみなければ理解しにくいケースもいくつかありますが、新聞やテレビニュースで取り上げられる実際に起きたネットトラブルや事件、地域や国で取り組まれている子ども達のネット安全利用対策などをテーマに、子供が理解しやすいように問いかけたり、子供の意見を聞いてみたりして下さい。

 

そうしたネット社会での注意点を『子供は知らない!親が教える情報モラル13のポイント』としてまとめました。是非これらのポイントを、携帯電話を持つ前に、そして持ってからも親子で度々振り返っていただきたいと思います。親が常に子供のネット利用に関心を持ち続け、親が子と共に学び、その姿を見せることで、子供は自覚し自らを守る意思を持つことにつながるのです。

 


情報モラル ポータルサイト開設