迷惑メールが届きにくいメールアドレス

迷惑メールが届きにくいメールアドレス

 

どこで自分のメールアドレスを知ったのか、いつのまにか迷惑メールが届くようになります。間もなく施行される法律改正によって迷惑メールが少なくなることを期待したいところではありますが大きな期待はできないかも知れません。
迷惑メールを規制すると同時にメールマーケティングの分野に圧力が掛かり経済効果を抑えることにもなるので迷惑メールだけの観点から規制を厳しくすることは難しい面があります。

 

では、自己防衛することはできないのでしょうか?

 

迷惑メールを送っている業者はどのような方法でメールを送っているのでしょうか。

 

たくさんのメールを同時配信できるスタンドを持っているのですが、メールアドレスをどのように手に入れるのか不思議に思われるかもしれません。

実はメールアドレスを入手してはいないのです。メールアドレスとして使われるであろうアドレスに、実在するかしないかには関係無く、次から次へとランダムにメールスタンドを使って大量に送っているのです。

 

では、メールアドレスとして使われるであろうメールアドレスとはどんなものでしょうか。それは、ワードで構成されたメールアドレスのことです。実際に使われていそうな人名、地名、代名詞やその組み合わせ、更に業者によっては数字の組み合わせまでしているようです。

Sinngomama@***.ne.jp      このメールアドレスは

  ↓    ↓ 

固有名詞 + 代名詞 このような組み合わせはコンピュータープログラムで簡単に作成することが可能です。しかし、

umihahiroina → umihahiroin7

 

このように変えてしまうとプログラムの想定外のワードになり迷惑メールが届きにくくなります。メールアドレスを考える際の参考にしてください。

 

 なお、迷惑メール対策として、なりすましメール受信拒否やURL付きメールの受信拒否などの各種設定をするとより有効です。携帯電話やパソコンから簡単にできますので、必要に応じて設定するようにしてください。

 

docomo           au          SoftBank 

 
 

情報モラル ポータルサイト開設