メールで反感をかわないコツ

メールで反感をかわないコツ

 

I(アイ)メッセージとYOU(ユー)メッセージといった言葉をご存じでしょうか。簡単に説明をしますとIメッセージは自分が感じた意見(気持ち)と考えて下さい。YOUメッセージは相手に同意を求めるような要素が含まれているメッセージと考えて下さい。

私達が日常何気なく発するメッセージはYOUメッセージが多いようです。YOUメッセージは「あなたは○○だね」と相手が主語で、相手を評価する言い方であったり、上からものを言うような要素が含まれています。

それに対してIメッセージは、「私はあなたを○○だと思う」と伝える側の自分が主語で、自分の気持ち(感情)を素直に言葉にしています。ですからIメッセージの方がスムーズに相手に伝わります。そうすると相手は気分も良く、そのメッセージを受け取り嬉しく感じ、素直に喜べますので反感をかう可能性が低くなります。

 

例を上げてみましょう。

自分の部屋の掃除をやった子にお母さんがメッセージを投げる時、どちらのメッセージの方が子供の心に入りやすいでしょうか。


A「自分で掃除ができたんだね。いい子だね。偉いね。」

B「自分で掃除ができるんだね。お母さん嬉しいな。」

AとBの2通りの言い方を聞いた子供はどんな反応をするでしょう。

 

Aの意見に対しては同意をするか若しくは反感を示すでしょう。

「別に当たり前のことだけど」「別に良い子ではないよ」など自分に届いたメッセージを否定することが可能です。

しかし、Bの意見を否定するにはかなりへそ曲がりなことを言わなければなりません。Bの意見に子供がどのように反応するのか想像をしてみると


子「お母さんが嬉しいの?何で?」
母「嬉しいよ。お母さんまで掃除しようかと思っちゃった。」
子「お母さんまでやる気になっちゃったの?」

 

こんな風に前向きの会話になります。しかしA(YOUメッセージ)の場合は「いつもお母さんに褒められるような良い子でいてね。」というメッセージとして子どもに伝わる可能性があります。

YOUメッセージで子供を育てると、その子は「他人からの評価を気にし過ぎる」傾向があるそうです。つまりYOUメッセージで育った子は、人に認めてもらうために頑張るようになる。よって自分らしい生き方を見失ってしまうことも考えられます。褒めることは良いことと言われますが褒め方にも十分注意しなければいけません。

 

 毎日子供と接する中でなるべくIメッセージを使うように心掛けると子供自身も自然にIメッセージを使うようになるでしょう。子供がメールなどで文字会話をする時、特にインターネット掲示板で相手に意見する時はYOUメッセージになりがちです。自分と違った考えを持った人に自分の意見を伝える時こそ、意識してIメッセージを使うようにするとトラブルに発展する可能性は低くなります。
 

情報モラル ポータルサイト開設