親子でメール交換してみましょう

親子でメール交換してみましょう

 

 
子供に携帯電話を与えたら、まず親子でメール交換をして下さい。

音声による通常の会話と文字会話は違います。会話ができれば文字会話ができるのではありません。逆に言えば、会話の感覚で文字会話をするから勘違いや誤解が生まれるのです。

 

子供に限らず大人でも、メールでは意思の疏通が取り切れないことがあります。通常の会話のつもりでメールを書いてしまい、文字に表現されない感情やニュアンスが伝わらず、正確な真意が表現しきれていないメール内容になってしまうからです。

こうした現象は、どれだけ口頭で説明しても子供には理解できないことがあります。実際に私は中学生から「メールで伝えられないことはないと思う」と意見をもらった経験があります。

 

こうした子ども達の意識を知ることができる興味深いデータがありました。モバイル社会研究所(*)よるアンケート調査(モバイル社会白書2007)で、『大切な用事の伝達手段』に関するものです。通話で伝えるか、メールで伝えるか、を聞いています。


小学校3,4年生では大事な用事は通話で伝える子が多数おり通話54.3%,メール18.5%。


小学校5,6年生でも同様で、通話85.7%、メール13.0%。これは私達大人も同様です。


しかしこれが中学になると逆転しています。


中学生では通話37.3%、メール58.0%、


高校生も通話37.6%、メール59.9%なのです。

つまり、中学以上のケータイユーザーの子ども達にとっては、口で話すより、メールで伝えるほうが大切な用件を伝えることができるという認識が多数派なのです。彼らにとってメールはそれほど伝達能力のある重要な存在なのです。

 

こうした認識の上で、満足な情報モラルを持たずにメールを頻繁に送ってしまえば誤解が生じて当たり前です。こうした認識を持たせない、間違いに気づかせるには親子のメール交換が一番効果的と思われます。

友達同士のメール交換では誤解から喧嘩に発展してしまうかも知れないやり取りも、親だから「今日のメール意味が分からなかったよ」「このメール冗談なの?本気なの?」など交換したメールで誤解を招きやすい文面についてどのように表現をしたら良いのか、子どもと相談しながらアドバイスすることができます。



子供が音声会話を覚えたのは、生まれたその日から毎日、お父さんお母さんの言葉のシャワーを浴びていたからです。文字会話も同じように親からの文字による会話を浴び、子どもがそれに答える中で覚えられるはずです。

 

パソコンや携帯電話、インターネットに関しては子供の方が詳しい、と言われる大人の方がみえます。確かに操作方法については子ども達の方がのみ込みも早く、一見子供の方が詳しいように見えますが、携帯電話をツールとして使う上でのマナーやモラルなどについては未成熟な子供ではまだまだ身についていないことが多いはずです。この部分を親子でメール交換をしながら実践的に教えるように心掛けて下さい。

 

モバイル社会研究所 


情報モラル ポータルサイト開設