情報モラル授業を行う上での注意点

授業を行う上での注意点

 

絵本から伝える情報モラル実践授業では、児童生徒に絵本を通じることでイメージしやすい環境を作り、情報モラルを理解できるように努めています。

あくまでも絵本を尊重し、無理に情報モラルに結びつけることは勧めていません。

絵本の力を借り、多くの想像を巡らせ、楽しみながら受け入れられる教材となれば良いと考えています。児童生徒が過去の体験や知識、潜在意識と関連づけをし、あるいは未体験な状況を疑似体験する場となり、情報モラルの一端を理解してくれることを願っています。

 

児童生徒は絵本に触れることで、各自が様々な思いを巡らせることでしょう。
その思いから各自の潜在意識が蘇り、授業目的とする情報モラルの要素と関連づけされることによって各自が情報モラルに応用させてくれることでしょう。

「この絵本はこんなことを伝えている」と単一の筋道のみに導いてしまうと、せっかく各自が置かれた環境や経験に基づいて多くのことをイメージした児童生徒の発想を止めてしまい、絵本の力を弱めてしまう恐れがありますので十分な配慮が必要となります。

 

絵本からイメージする内容を問い掛ける程度が望ましいと思われます。
そしてなるべく子供の意見を聞き、各自がどのような発想をしたのか、多くの意見を引き出すことが大切です。そのことは、一冊の絵本から多くの発想が生まれる≒同じ事柄でも違う発想をする人がいる、という情報モラルに欠かせない事柄の良い経験となっているのです。

絵本に触れ、各自が思いを巡らせクラスで意見交換をした後に、授業目的である方向性の発問によって子どもたちは新たな発想を持ってくれるかも知れません。

各自で家庭の環境が違うため、インターネット体験には必ず差があり、全ての子どもたちが情報モラルに直接結びつけられるのものではありません。よって、具体的な禁止事項等を授業として伝えようとしても経験が無かったりごく少ない子供には伝わらないようです。

絵本が持っているテーマから自己の経験とつながり、子供が何かに気づいたり、再認識することがあれば、それはやがて成長と共にインターネットに触れた時に有効に働くと信じたいと思います。

 

授業者としては、絵本の著作権を侵害しないように最大限の注意を払うようお願いします。
授業現場においての絵本の活用は特例として認められていますが、絵本から伝える情報モラルにおける著作権を十二分にご理解下さい。又子どもたちは授業現場での特例を意識しません。

「学校でやったから家でもやって良い」と解釈しがちになりますので、複製をする行為は極力避ける方が望ましいと思われます。




情報モラル ポータルサイト開設