絵本の力を借りている

絵本の力を借りている



・  絵本とは、親と子の、心と心の触れ合い。つながり。

・  絵本とは、子どもの心の中に降り積もり、堆積していくもの。

・  絵本とは、親が子の成長を感じ、自らを振り返り、自分自身への気づきを与えて
    くれるもの。

・ 絵本とは、子どもの健やかな成長を願い、大人が手渡していく愛情そのもの。
  その表れ。

・  絵本とは、我が子の成長過程、成長してきた風景、その時その時の子どもの
  表情、体温、空気、親自身が感じていた想いを、いつでも思い起こさせてくれる。

・  絵本とは、子どもにとって、楽しさ、喜び、幸福感そのもの。
  それは、読んでいる大人も同じです。






「絵本から伝える情報モラル」では、学校の授業に絵本を用います。
市販されており、だれでも手に入れることができる絵本です。
学校現場において、絵本の持つ力を借りているのです。



情報モラルとは、結局のところ、
目の前にいない相手の立場や心情を想像し思いやること、を最前提としています。



著作権や肖像権など法的な知識が必要な部分もありますが
それらも創作者や著作者の立場に立つことが意味を理解し
法を守るための第一歩となります。




「絵本から伝える情報モラル」では、
"子供の心をとらえる力""想像させる力""印象に残す力""メッセージ性"など、
多くの絵本の力を借りて情報モラルを伝えようとしています。


低学年の子どもも、少ない自分の体験と絵本の世界を結びつけて想像し
気づき、頭の中で遊ぶでしょう。

その楽しさをクラスの友だちと共有する喜びがあり、
その体験をふとしたきっかけで思い出すことができます。



情報モラルに通じるメッセージ性を持つ絵本を用いることによって、
まだインターネットを経験していない子どもと、
常にネットに触れる環境で過ごす子どもが、教室で同時に
同じ絵本を通じて"ネット社会に必要な情報モラル"を学ぶことができます。


子どもたちは、絵本がかもし出す"楽しい"という
プラスのイメージの中で集中して学ぶことが可能となり
その絵本からのメッセージを印象深く受け止めるでしょう。





子どもたちは、インターネットと日常生活とを
切り離して考えることができない時代を生きていきます。

しかも現状では、体も心も成長過程にある子どもたちが、
ネット社会には大人と同様の一個人として入ることになります。

彼らには、ネット社会で得られる有益な情報を活用し、
かつ、健全に自律して生きていくために不可欠な情報モラルを身につけ、
自分自身の行いを振り返りながら前進していって欲しいのです。


絵本は、教室内にいる子ども一人一人の心へ直接的に伝わり、
人の気持ち、自己の肯定、社会性、想像力などネット社会で生きる上で
必要と思われる要素を、子どもたちに分かる形で表現してくれています。

学校の授業で情報モラルを伝えるにあたり、
そうした絵本の素晴らしい力を借りているのです。



情報モラル ポータルサイト開設