3.≪自分と違う考え方の人がいることを認める≫

3.≪自分と違う考え方の人がいることを認める≫


中学生にメールトラブルについて意見を聞いたところ、「皆自分と同じ考えだと思っていた」「自分の送ったメールは自分の意図を読み取ってくれると思った」など、意思の疎通をする上での基本的な部分が理解されていない場合があることが分かりました。

このような状態ではメールによる文字会話が原因でケンカが起きて当たり前です。

先ずは、世の中には色々な考えや感覚を持った人がいることを理解させ、表現によっては相手が自分の意図と全く違った解釈をしてしまうこともあるということを理解させなければなりません。


情報モラル ポータルサイト開設