1.≪文字会話だけでは伝わらないことがある≫

1.≪文字会話だけでは伝わらないことがある≫


携帯電話やパソコンによる文字会話は、声の調子や顔の表情などが相手に伝わらないために誤解を招くケースがあります。また、文章の行間に深い意味や微妙なニュアンスが隠されている場合も多くあります。驚いたことに、子ども達の声を聞いてみると「メールで伝わらないことはない。」と信じているようです。と同時に「相手に送ったメールは、自分の思いをそのまま受け止めてくれる。」と信じて疑わない子供もいます。

自分の都合や想像でこうと決め込んで、そのイメージを前提に会話が進み後になってケンカになってしまうことも多々あるのです。

「文字会話だけでは伝わらないこともある」これを理解していない子供が多く存在しています。実際に会って行う会話と文字会話の違い、文字会話だからこそより深く考えなければいけない事柄、及び、時として顔を見て話し合う必要性も理解させなければなりません。


情報モラル ポータルサイト開設